どんなときにDVDコピー業者へお願いする?

どういう場合にDVDコピーを業者へお願いするの?枚数が少なくても頼めるの? - DVDコピー業者を利用する場合のシーン

DVDコピー業者を利用する場合のシーン

映像を他の人に渡して見せたい場合がありますが、今回は【DVDコピー業者を利用する場合のシーン】についてお話をします。
最近は気軽に動画を撮影することが多くなっています。
「結婚式」とか「進学祝いのパーティー」「就職祝いのパーティ」「お誕生日」「還暦のお祝い」などです。
大切な記念日の思い出を形に残しておきたいのは誰しもが考えます。
参加された人たちだけでなく不参加の人たちにも見せるケースもあります。
後日になってお友達におくったりするパターンです。

http://freesoft.tvbok.com/freesoft/dvd_copy/dvd_shrink.html

最近ではSNSサイトやコミュニティサイトで投稿するケースもあります。
ですが動画の容量が大きければ無理ですね。
また写真の枚数が多ければ簡単にはできません。
見てほしい人たちが多ければ多いほど手間がかかるのです。
このように動画や記念写真を大勢の人達に送る場合にDVDコピー業者を利用すると便利です。
手間がかかるのは、DVDコピー業者に動画や写真のデータを郵送したり手渡しするだけです。
もちろんご自身でDVDコピーをする方法もありますが、時間もかかりなかなか手につけにく作業です。
すぐに渡す必要がある場合とは人数が多ければDVDコピー業者に依頼するのが簡単です。業者によっては格安料金でDVDを大量コピー致しますという業者もあります。
手間も時間もかかりませんし、料金もリーズナブルです。
DVDコピー業者では、最近オリジナルのジャケットを制作してくれるところもあります。
またDVDにラベル印刷してくれるDVDコピー業者もあります。
素敵にしあがります。
プレゼントには最適ですし、無地のDVDとは違い豪華です。
レンタルビデオショップには従来ビデオテープが大量にならんでいました。
ですが最近ではすっかりと様変わりしています。
DVDやブルーレイがメインですね。
mjolkuy
昔のVHSテープをDVDにダビングしてくれるサービスなんかもあるのです。
クローゼットに眠ってしまうような大切なものもDVDコピー業者を利用すれば簡単にできます。
幼少期のビデオテープをDVDに変換して結婚式の披露宴で流すなんてことも可能です。
そんな便利なDVDコピー業者ですが、複製する場合にプレスとコピーということばがでてきます。
今回は【DVDコピー業者を利用する場合のプレスとコピーの違い】に注目してみましょう。
まずはコピーについて、どういったイメージがあるでしょうか?
パソコンで新しいディスクにデーターを書き込む……これが一般的に思い浮かびます。
これと同じで空のディスクの記録面にデーターを焼き付ける方法です。
少ない枚数の場合は単価がとても安いです。
一般的に納期も早いのが特徴です。
デメリットは紫外線に弱いことです。
長時間太陽光線にあたるとデータが読めなくなります。
また、相性が悪いプレーヤーでは再生が不安定になります。
保存年数の目安は20年から30年程度です。
長時間経過するとデータが読めなくなるリスクがあります。
次にプレスという方法です。
こちらのほうはコピーと異なり、金型を制作してデータが入ったディスクそのものを生産します。
大量に複製しなければ単価はとても高額です。
また納期も極端に遅くなるのが特徴です。
メリットは物理的な傷がつかない限りデータは消えません。
大抵のプレイヤーと互換性があります。
再生できなくなる懸念もないです。
市販されているDVDはプレスによる複製物です。
いずれもメリットもデメリットもあります。

Copyright(C)2015 どんなときにDVDコピー業者へお願いする? All Rights Reserved.